神居古潭(読み)かむいこたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神居古潭
かむいこたん

北海道中央部,旭川市西方にある峡谷石狩川が幌内山地を浸食してできた。地名はアイヌ語カムイ (神の) ,コタン (すみかの意) に由来。一帯は秩父古生層変成作用を受けた蛇紋岩輝緑片岩などの岩石が露出。かつて丸木舟で上下したアイヌ人の難所であった。 1889年左岸に道路が開通。函館本線神居古潭駅跡から伊納駅までの 9kmの間は,桜,紅葉の名所。環状列石竪穴住居跡などの遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神居古潭【かむいこたん】

北海道旭川市西端,石狩川が中流部で夕張山地を横切る地点の峡谷。函館本線神居トンネル付近約10kmにわたり神居古潭変成岩と呼ばれる結晶片岩や蛇紋岩が石畳や甌穴(おうけつ)などの奇岩をつくる。この石は俗に油石と呼ばれ水石として愛好される。一帯は桜,紅葉の名所。地名は〈鴨居古丹〉〈神処〉などとも記され,アイヌ語のカムイ(神),コタン(住家)が起源とされる。付近に竪穴(たてあな)住居跡がある。
→関連項目旭川[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かむいこたん【神居古潭】

北海道旭川市西部の景勝地。石狩川が上川盆地石狩平野の間の山地を横切る峡谷で,約10kmにわたって古生層の変成岩を削り,激流が奇岩を刻み深淵をつくって奇勝をなしている。地名はアイヌ語に起源し,舟にとっては難所であったため,魔神が犠牲を要求するという観念から,カムイ(神)コタン(部落または在所)と呼ばれたもの。北岸を函館本線が通り,神居トンネルの開通(1969)によって,旧線路用地は旭川市内旭西橋と深川市神納橋の間約19kmのサイクリング道路となり,廃止された神居古潭駅の駅舎は保存されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かむいこたん【神居古潭】

〔もとアイヌ語で神の居る所の意〕 北海道旭川市の西部、石狩川の上流にある急流が岩をうがった峡谷。庭石・水石として知られる神居古潭石を産する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕神居古潭(かむいこたん)


北海道中央部、上川(かみかわ)盆地から西に流出する石狩(いしかり)川上流部の峡谷。石狩川の急流が奇岩・深淵(しんえん)をつくり、雄大な渓谷美が続く。擦文(さつもん)文化時代の竪穴(たてあな)住居跡がある。南岸を国道12号、北岸をサイクリングロードが通じる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神居古潭
かむいこたん

北海道中央部、旭川(あさひかわ)市西部の地区。また同地区付近の旭川市と深川市との境界を流れる石狩(いしかり)川の約10キロメートルにわたる峡谷をさし、景勝地となっている。峡谷は石狩川が上川(かみかわ)盆地と石狩平野との間の山地を横切るときに山地を刻んでできたもの。古生層の変成岩類が削られて奇岩深淵(しんえん)をなしている。アイヌ語地名の一つで、カムイ(神)コタン(集落または在所)は、魔神の住む所を意味し、航行の難所であった。右岸を函館(はこだて)本線が通るが、1969年(昭和44)神居トンネルが開通し、線路跡は19.3キロメートルのサイクリングロードとなった。線形改良のため神居古潭駅は廃止されたが、1989年(平成1)に復元され、サイクリングロードの休憩所として利用されている。左岸を国道12号が通り、旧駅舎付近に古くからの白い吊橋(つりばし)が架かり、この付近はとくに激流となっている。吊橋の南西1.5キロメートルに神居古潭遺跡(道の史跡)がある。遺跡には200個以上の竪穴(たてあな)があり、多くは擦文(さつもん)文化期の住居跡である。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android