コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井宣正 ふじい せんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井宣正 ふじい-せんしょう

1859-1903 明治時代の僧。
安政6年3月2日生まれ。藤井宣界の次男。浄土真宗本願寺派島地黙雷(しまじ-もくらい)にまなび,明治24年西本願寺文学寮(現竜谷大)教授。33年ヨーロッパにわたり政教事情を調査,35年大谷光瑞(こうずい)のインド仏跡調査に参加。イギリスにもどる途中,明治36年6月6日フランスのマルセイユで死去。45歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井宣正

没年:明治36.6.6(1903)
生年:安政6.3.2(1859.4.4)
明治時代の僧。越後(新潟県)三島郡与板光西寺に生まれる。東京に出て島地黙雷の家に寄寓し仏典を学ぶ。明治14(1881)年,西本願寺の留学生として慶応義塾に入り,同20年,東京帝国大学哲学科に入学,同24年,卒業。西本願寺文学寮の教授に就任。同33年,西本願寺の依頼により政教事情調査のためロンドンに赴く。同35年,大谷光瑞のインド仏蹟探検隊に招かれ参加,インド全域を周遊。コロンボよりイギリスに戻る途中フランスのマルセイユの旅館にて没した。<参考文献>井上哲雄『真宗本派学僧逸伝』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤井宣正の関連キーワード日露戦争史(年表)ドビュッシービラフランカの和議余計者光の科学史キュリーガワーゲーゲンバウア尾崎行雄石油

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android