コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井宣正 ふじい せんしょう

2件 の用語解説(藤井宣正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井宣正 ふじい-せんしょう

1859-1903 明治時代の僧。
安政6年3月2日生まれ。藤井宣界の次男。浄土真宗本願寺派島地黙雷(しまじ-もくらい)にまなび,明治24年西本願寺文学寮(現竜谷大)教授。33年ヨーロッパにわたり政教事情を調査,35年大谷光瑞(こうずい)のインド仏跡調査に参加。イギリスにもどる途中,明治36年6月6日フランスマルセイユで死去。45歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤井宣正

没年:明治36.6.6(1903)
生年:安政6.3.2(1859.4.4)
明治時代の僧。越後(新潟県)三島郡与板光西寺に生まれる。東京に出て島地黙雷の家に寄寓し仏典を学ぶ。明治14(1881)年,西本願寺の留学生として慶応義塾に入り,同20年,東京帝国大学哲学科に入学,同24年,卒業。西本願寺文学寮の教授に就任。同33年,西本願寺の依頼により政教事情調査のためロンドンに赴く。同35年,大谷光瑞のインド仏蹟探検隊に招かれ参加,インド全域を周遊。コロンボよりイギリスに戻る途中フランスのマルセイユの旅館にて没した。<参考文献>井上哲雄『真宗本派学僧逸伝』

(岡村喜史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤井宣正の関連キーワードゆり安立権斎井伊直経伊藤退蔵岡村貢佐崎了重牧野康成(2)丸山元純三島億二郎良然

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone