コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤井富伝 ふじい とみでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井富伝 ふじい-とみでん

1828*-1904 明治時代の開拓者。
文政10年12月25日生まれ。郷里鹿児島県奄美(あまみ)大島が人口の割に耕地がすくないため,文化10年(1813)の噴火無人島となっていた吐噶喇(とから)列島諏訪之瀬(すわのせ)島への移住を計画。県の援助をうけ,明治16年仲間26人とうつりすんで開拓をすすめ,同島発展の基礎をきずく。明治37年2月23日死去。78歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤井富伝の関連キーワード明治時代開拓者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android