藤井松林(読み)ふじい しょうりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤井松林 ふじい-しょうりん

1825*-1894 幕末-明治時代の画家。
文政7年11月21日生まれ。備後(びんご)(広島県)福山藩士。藩の重役吉田東里らにまなんだのち京都で円山派の中島来章(らいしょう)に師事,帰藩して絵図師となった。花鳥,人物,山水画のいずれにもすぐれた。明治27年1月18日死去。71歳。名は好文。字(あざな)は士郁。別号に清遠,百斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android