藤原 審爾(読み)フジワラ シンジ

20世紀日本人名事典の解説

藤原 審爾
フジワラ シンジ

昭和期の小説家



生年
大正10(1921)年3月31日

没年
昭和59(1984)年12月20日

出生地
東京・本郷

出身地
岡山県片上町

学歴〔年〕
青山学院高商部〔昭和15年〕中退

主な受賞名〔年〕
直木賞(第27回)〔昭和27年〕「罪な女」,小説新潮賞(第9回)〔昭和38年〕「殿様と口紅」

経歴
幼少時に両親を失くし、岡山県の祖父に育てられる。肺結核のため療養生活などをしながら、戦後間もなく奥津温泉を舞台にしたと言われる「秋津温泉」などの恋愛小説を発表して文壇に登場し、昭和3年上京、27年「罪の女」他で直木賞を受賞。その後は風俗小説や推理小説へと執筆領域を広げ、「秋津温泉」「泥だらけの純情」「赤い殺意」など映画化された作品も多い。多彩な趣味人としても知られ、国体の東京代表にもなった野球チーム“藤原組”のオーナーでもあった。「藤原審爾作品集」(全7巻 森脇文庫)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

藤原 審爾 (ふじわら しんじ)

生年月日:1921年3月7日
昭和時代の小説家
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原 審爾の関連情報