コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公定 ふじわらの きんさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原公定 ふじわらの-きんさだ

1049-1099 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
永承4年生まれ。藤原経家の長男。応徳3年(1086)参議となり,皇太后宮権大夫(ごんのだいぶ)などをかね,正三位にいたる。政務に練達,また笙(しょう)をよくして中国の王子晋(おう-ししん)の再誕といわれた。承徳(じょうとく)3年7月1日死去。51歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原公定の関連キーワード康和クリュニー修道院ウルバヌスウルバヌス2世パスカリス2世ウルバヌス特別支援学校の統合秦観テネシー懐く

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone