藤原利三郎(読み)ふじわら りさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藤原利三郎」の解説

藤原利三郎 ふじわら-りさぶろう

1868-1935 明治-昭和時代前期の果樹園芸家。
明治元年11月1日生まれ。茂木亀六(もてぎ-かめろく)の子。明治34年秋田県平鹿郡増田町でリンゴ栽培をはじめる。大正12年ゴールデンデリシャスを導入し,「平鹿ゴールデン」の生みの親となった。昭和10年5月9日死去。68歳。出羽(でわ)雄勝郡(秋田県)出身

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android