コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原吉子 ふじわらの よしこ

3件 の用語解説(藤原吉子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原吉子 ふじわらの-よしこ

ふじわらの-きっし

藤原吉子 ふじわらの-きっし

?-807 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の夫人(ぶにん)。
南家藤原是公(これきみ)の娘。延暦(えんりゃく)2年(783)従三位となり,入内(じゅだい)して伊予(いよ)親王を生む。大同(だいどう)2年藤原仲成の陰謀により,母子ともに大和(奈良県)川原寺に幽閉され,同年11月12日服毒自殺。従二位を追贈され,母子の怨霊(おんりょう)をおそれた歴代天皇からあつく慰霊された。名は「よしこ」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原吉子

没年:大同2(807)
生年:生年不詳
奈良時代末・平安前期,桓武天皇の夫人。父は右大臣藤原南家是公。延暦2(783)年無位から従三位に叙せられ,夫人となる。彼女の生んだ伊予親王は天皇の第3皇子で,政治的能力に優れ天皇の信頼も厚かったが,大同2(807)年彼を帝位につけようという藤原氏の陰謀にのせられ反逆の首謀者とされ,母吉子も捕らえられて大和川原寺に幽閉された。ともに服毒自殺を遂げ,当時の人々の同情を集めたという。その後,弘仁10(819)年に夫人の号を復し,承和6(839)年9月従三位,同年10月にはその祟りを恐れて,さらに従二位が贈られている。<参考文献>古代学協会編『桓武朝の諸問題』

(菅原征子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原吉子の言及

【伊予親王】より

…平安初期の官人。桓武天皇の皇子,母は藤原吉子。792年(延暦11)に加冠し,三品式部卿,中務卿,大宰帥を歴任。…

※「藤原吉子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原吉子の関連キーワード崇道天皇平氏皇太夫人紀宮子百済教法高津内親王氷上娘藤原小屎藤原南夫人弥努摩女王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原吉子の関連情報