コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原吉野 ふじわらの よしの

2件 の用語解説(藤原吉野の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原吉野 ふじわらの-よしの

786-846 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。式家藤原綱継(つなつぐ)の長男。母は綱継の異母妹。淳和(じゅんな)天皇の近臣。天長5年(828)参議,10年正三位,承和(じょうわ)元年中納言となった。9年承和の変に連座して大宰員外帥(だざいのいんがいのそち)に左遷,12年山城国(京都府)にうつされた。寛大な人柄,親孝行の逸話などがつたえられる。承和13年8月12日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原吉野

没年:承和13.8.12(846.9.6)
生年:延暦5(786)
平安前期の公卿。綱継と妹子(姉子とも。綱継の異母妹)の長男。駿河守としての治績が評価され,弘仁14(823)年,淳和天皇の即位にともない中務少輔に抜擢された。以後淳和に近侍し,天長10(833)年3月,仁明天皇即位と同時に正三位に叙せられたが,右近衛大将を辞し淳和上皇につき従った。同11年中納言。承和7(840)年5月,上皇が没後の散骨を命じたとき,宗廟たるべき山陵がなければ臣下はどこを仰げばよいのかといってこれを戒めている。親に孝養を尽くしたことでも知られ,留守中,父綱継の使いがきて新鮮な肉を請うたが,料理人は分け与えなかった。あとでそれを知り料理人を責め,以後二度と肉を食べなかったという。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原吉野の関連キーワード飛鳥井雅知地下の公卿吾妹子吾妹子に吾妹子を姉子女王佐伯永継橘岑継藤原綱継藤原藤嗣

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone