コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原春鵲 ふじわら しゅんじゃく

1件 の用語解説(藤原春鵲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原春鵲 ふじわら-しゅんじゃく

1830-1896 江戸後期-明治時代の医師。
文政13年4月17日生まれ。長崎で蘭方をまなび,種痘法もおさめる。郷里の安芸(あき)(広島県)にかえって医業をつぎ,慶応2年の第2次幕長戦争のときには広島で幕府軍傷病者の治療にあたった。明治29年10月23日死去。67歳。名は元成。字(あざな)は寿章。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原春鵲の関連キーワード深刻小説民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone