コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原春鵲 ふじわら しゅんじゃく

1件 の用語解説(藤原春鵲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原春鵲 ふじわら-しゅんじゃく

1830-1896 江戸後期-明治時代の医師。
文政13年4月17日生まれ。長崎で蘭方をまなび,種痘法もおさめる。郷里の安芸(あき)(広島県)にかえって医業をつぎ,慶応2年の第2次幕長戦争のときには広島で幕府軍傷病者の治療にあたった。明治29年10月23日死去。67歳。名は元成。字(あざな)は寿章。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原春鵲の関連キーワード倉田久八呉来安近藤金羅(2)佐藤則義昇斎一景関直吉棚橋碌々中村理禎本郷庵切通本荘義胤(2代)