コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原縄主 ふじわらの ただぬし

2件 の用語解説(藤原縄主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原縄主 ふじわらの-ただぬし

760-817 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)4年生まれ。式家藤原蔵下麻呂(くらじまろ)の長男。母は粟田馬養(あわたの-うまかい)の娘。延暦(えんりゃく)17年(798)参議。式部大輔(たいふ),大宰帥(だざいのそち)などを歴任し,弘仁(こうにん)3年中納言兼兵部卿。従三位。藤原薬子(くすこ)の夫だったが,薬子の変には連座していない。弘仁8年9月16日死去。58歳。贈従二位。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原縄主

没年:弘仁8.9.16(817.10.29)
生年:天平宝字4(760)
平安初期の公卿。参議蔵下麻呂と粟田馬養の娘の長子。薬子の変(810)の張本人藤原薬子の夫。「性,酒を好むといえども職掌闕くる無し」といい,恩義に厚く,親族からも慕われたという(『公卿補任』)。大同3(808)年,大宰府(太宰府市)の長官として赴任中,すでに給料は受け取っているとして兼任の西海道観察使の俸禄を辞退したというから,典型的なまじめ人間であったようで,それが薬子の不満をもたらしたか。薬子の事件後,責任を問われた形跡がないのもうなずける。天長1(824)年,従二位を追贈された。<参考文献>瀧浪貞子『平安建都』

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原縄主の関連キーワード五辻元仲藤原仲成粟田粟田口国頼粟田馬養粟田奈勢麻呂藤原蔵下麻呂藤原巨勢麻呂藤原綱継

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone