コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原縄主 ふじわらの ただぬし

2件 の用語解説(藤原縄主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原縄主 ふじわらの-ただぬし

760-817 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)4年生まれ。式家藤原蔵下麻呂(くらじまろ)の長男。母は粟田馬養(あわたの-うまかい)の娘。延暦(えんりゃく)17年(798)参議。式部大輔(たいふ),大宰帥(だざいのそち)などを歴任し,弘仁(こうにん)3年中納言兼兵部卿。従三位。藤原薬子(くすこ)の夫だったが,薬子の変には連座していない。弘仁8年9月16日死去。58歳。贈従二位。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原縄主

没年:弘仁8.9.16(817.10.29)
生年:天平宝字4(760)
平安初期の公卿。参議蔵下麻呂と粟田馬養の娘の長子。薬子の変(810)の張本人藤原薬子の夫。「性,酒を好むといえども職掌闕くる無し」といい,恩義に厚く,親族からも慕われたという(『公卿補任』)。大同3(808)年,大宰府(太宰府市)の長官として赴任中,すでに給料は受け取っているとして兼任の西海道観察使の俸禄を辞退したというから,典型的なまじめ人間であったようで,それが薬子の不満をもたらしたか。薬子の事件後,責任を問われた形跡がないのもうなずける。天長1(824)年,従二位を追贈された。<参考文献>瀧浪貞子『平安建都』

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

藤原縄主の関連キーワード離縁アブー・ダーウードフェムト藤原縄主徳一圧力バスク地方とETA湘江ネボ山特別養子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone