コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原行房 ふじわらの ゆきふさ

1件 の用語解説(藤原行房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原行房 ふじわらの-ゆきふさ

?-1337 鎌倉-南北朝時代の公家,書家。
後醍醐(ごだいご)天皇の近臣。蔵人頭(くろうどのとう),左近衛(さこんえの)中将。建武(けんむ)3=延元元年恒良(つねよし)親王,新田義貞らと越前(えちぜん)(福井県)金ケ崎城へはいり,建武4=延元2年3月6日落城に際して自害。世尊寺家11代の能書で,尊円入道親王に書法をつたえた。号は一条。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原行房の関連キーワード尊良親王グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山シャルル勅撰作者部類新田義顕妙心寺阿蘇五岳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone