コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原通宗 ふじわらの みちむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原通宗 ふじわらの-みちむね

1040ごろ-1084 平安時代中期-後期の官吏,歌人。
長久元年ごろ生まれ。藤原通俊の兄。隆源,藤原宗子の父。能登(のと)(石川県),周防(すおう)(山口県),若狭(わかさ)(福井県)の国守を歴任。延久4年任地能登で「気多宮(けたのみや)歌合」を主催,永保3年の「篤子内親王(後三条院女四宮)侍所歌合」では判者をつとめた。歌は「後拾遺和歌集」などの勅撰集に5首ある。応徳元年4月12/13日死去。45歳?

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原通宗の関連キーワード藤原宗子(1)令子内親王隆源(1)大弐色代

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android