コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原重家(2) ふじわらの しげいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原重家(2) ふじわらの-しげいえ

1128-1181* 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
大治(だいじ)3年生まれ。藤原顕輔(あきすけ)の子。従三位,大宰大弐(だざいのだいに)となる。六条家の歌人で,御子左(みこひだり)家の藤原俊成らとも交流した。「千載和歌集」以下の勅撰集に30首。詩,管弦にもすぐれた。治承(じしょう)4年12月21日死去。53歳。初名は光輔。法名は蓮家(蓮寂とも)。家集に「重家集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤原重家(2)の関連キーワード大治