コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原釜足 ふじわら かまたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原釜足 ふじわら-かまたり

1905-1985 昭和時代の俳優。
明治38年1月15日生まれ。浅草オペラなどをへて榎本健一新カジノフォーリーに参加,昭和8年PCLの「ほろよひ人生」で映画デビュー。戦後「七人の侍」「隠し砦の三悪人」「用心棒」など黒沢明監督作品の常連として活躍した。昭和60年12月21日死去。80歳。東京出身。本名は安恵重男。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原釜足の関連キーワード青幻記 遠い日の母は美しくなつかしき笛や太鼓狐のくれた赤ん坊そよ風父と共に吾輩は猫であるこの首一万石千葉 早智子槇村 浩吉心中天網島二人の息子太陽の墓場女優と詩人女の四季プーサン大菩薩峠昭和時代秋立ちぬ張込み噂の娘夫婦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤原釜足の関連情報