コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東斎随筆 とうさいずいひつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東斎随筆
とうさいずいひつ

室町時代の説話集一条兼良 (かねら) 著。2巻。文明頃成立。音楽,草木,鳥獣など 11類に分けて,主として平安時代廷臣に関する逸話を,『江談抄』『大鏡』『古事談』『十訓抄』から取材して記したもの。「随筆」と名づけた最初の文献といわれるが,著者の感想はほとんど示されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

とうさいずいひつ【東斎随筆】

室町中期の説話集。2巻。一条兼良著。成立年未詳。主に平安時代の説話を集め、音楽・草木・人事など11の部門に分類する。随筆と称した最初の書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうさいずいひつ【東斎随筆】

室町時代の説話集。一条兼良著。1巻または2巻。兼良の30歳代(1431‐41)ころの著作かともされるが未詳。おもに《古事談》《十訓抄》《大鏡》などの先行文献により抄録した本朝の説話78(77,75とも)話からなる流布本と,それに《十訓抄》より40話ほか1話を加えた増補本とがある。全体を音楽,草木,鳥獣,人事,詩歌,政道,仏法,神道,礼儀,好色,興遊の11項目に分類するが,《古今著聞集》など先行説話集の項目順序とも,中国の類書のそれとも異なり,本来,項目を適当に設定したうえで諸文献より説話を採録したメモ風のものであったと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうさいずいひつ【東斎随筆】

説話集。二巻一冊。一条兼良かねら著。室町中期成立。1693年刊。主に平安・鎌倉時代の雑事を諸書から引いて項目別に述べている。随筆と題した最初の書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の東斎随筆の言及

【随筆】より

…読書の際,興味をひいた条を抜抄した抄録集のようなものも日本では随筆に含めており,この種の文献も決して少なくない。〈随筆〉の2字を書名に明確に使用している文献は,一条兼良(1402‐81)の著とされる《東斎随筆》(1巻,成立年不明)が最初といわれる。しかし内容は抜抄した短文の説話を集めたもので,編者は私的な書留という心持であったと推定される。…

※「東斎随筆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東斎随筆の関連キーワード蘆屋道満鎌倉時代藤原隆房室町時代今物語雑事

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android