コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原隆章 ふじわらのたかあき

2件 の用語解説(藤原隆章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原隆章
ふじわらのたかあき

南北朝時代の宮廷画家。興国7=貞和2 (1346) ~正平7=文和1 (52) 年,京都祇園社絵所 (えどころ) の大絵師職をつとめた。正平6=観応2 (51) 年から制作された本願寺覚如上人の伝記絵巻『慕帰絵 (ぼきえ) 』 10巻のうち第2,5,6,8巻を描いたことが知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原隆章 ふじわらの-たかあき

?-? 南北朝時代の画家。
京都祇園(ぎおん)社の絵師職をつとめる。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)子の隆昌とともに本願寺3世覚如(かくにょ)の一代記「慕帰絵(ぼきえ)」(10巻,重文)をえがいた。当時の生活,風俗を知る上で貴重な資料である。「諏訪大明神縁起並祭礼絵」の制作にもたずさわった。法名は覚智。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤原隆章の言及

【慕帰絵詞】より

…全10巻のうち第1,7両巻ははやくに失われ,1482年(文明14)詞書を飛鳥井雅康(あすかいまさやす),絵を藤原久信が補作した。このとき各巻末に雅康が記したところによれば,第2,5,6,8巻は藤原隆章が,第3,4,9,10巻は藤原隆昌が描いたという。このように本絵巻は制作年代,作者を確認しうる基準作として,また1世紀以上へだたった二つの画風を含むなど,絵画史的にも重要な作例である。…

※「藤原隆章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原隆章の関連キーワード京都祇園殺人事件京都祇園 ボロニヤ祭ジャック・京都祇園祭京都祇園祭の山鉾行事巨勢俊久巨勢有康実円長谷川雪朝別宗令公祐高

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone