藤堂蝉吟(読み)とうどう せんぎん

  • 藤堂蝉吟 とうどう-せんぎん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1642-1666 江戸時代前期の俳人。
寛永19年生まれ。伊賀(三重県)上野城代藤堂良精の3男。京都の北村季吟(きぎん)にまなぶ。寛文5年松永貞徳の十三回忌季吟とともにいとなむ。松尾芭蕉(ばしょう)は良精の家臣で,2歳年上の蝉吟の身近につかえていたという。寛文6年4月25日死去。25歳。名は良忠。字(あざな)は宗正。通称主計

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

没年:寛文6.4.25(1666.5.28)
生年:寛永19(1642)
江戸前期の俳人。伊賀国(三重県)上野の人。藤堂(津)藩の侍大将で,伊賀上野城付きの藤堂新七郎良精(5000石)の3男。兄ふたりの死により嗣子となったが,家督を継ぐ前に25歳で死去した。俳諧は北村季吟門といわれるが,若くして死去したこともあり特にみるべきものはない。藤堂新七郎家は芭蕉の主家だが芭蕉の身分は不明で,正規の家臣ではなく奉公人であったとする説が今のところ最も有力である。蝉吟と芭蕉の直接の交渉を示す資料は,寛文5(1665)年の「貞徳翁十三回忌追善俳諧」のみである。<参考文献>菊山当年男『はせを』

(田中善信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android