藤岡屋日記(読み)ふじおかやにっき

百科事典マイペディアの解説

藤岡屋日記【ふじおかやにっき】

江戸時代後期から幕末の江戸を中心とする記録集。東京都公文書館に写本150巻152冊が現存する。編著者の藤岡屋由蔵(須藤姓)は神田の古本商。1804年から1868年に至るまでの幕府政治関係の諸記録をはじめ,市中の事件や災害,風評落首などが編年で記され,当時の世相が知られる。《近世庶民生活史料 藤岡屋日記》として刊行されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじおかやにっき【藤岡屋日記】

幕末の江戸を中心とした諸記録を集めたもの。著者の藤岡屋由蔵は姓を須藤と称し,神田の古本商。原本は焼失したが,東京都公文書館に写本152冊が現存。内容は文化年間(1804‐18)から幕末にいたる記録の集成で,幕府の諸記録をはじめ,市中の災害や興行・評判などを記している。また落首や落書が多いのも,当時の世相を知るうえで便利である。天保改革の部分は《日本都市生活史料集成》に収録。【吉原 健一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android