コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤岡謙二郎 ふじおか けんじろう

1件 の用語解説(藤岡謙二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤岡謙二郎 ふじおか-けんじろう

1914-1985 昭和時代の地理学者。
大正3年4月15日生まれ。歴史地理学草分けで,立命館大,京大,奈良大の教授。昭和40年野外歴史地理学研究会を創立し,歴史地理学の研究と啓蒙につとめた。人文地理学会,歴史地理学会などの会長を歴任した。昭和60年4月14日死去。70歳。京都出身。京都帝大卒。著作に「先史地域および都市域の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の藤岡謙二郎の言及

【集落】より

… 個別の都市や特定のカテゴリーに属する都市の変遷が取り上げられることも村落にみられない特色である。それらの研究としては喜田貞吉の平城京などの研究をまとめた《帝都》(1915),藤田元春の《平安京変遷史》(1930),小野均の《近世城下町の研究》(1928),大井重二郎の《上代の帝都》(1944),藤岡謙二郎の《国府》(1969),豊田武の《日本の近世都市》(1952),矢守一彦の《幕藩社会の地域構造》(1970)などがある。最近では計量地理学を導入した都市研究も多くなってきている。…

※「藤岡謙二郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤岡謙二郎の関連キーワード秋岡武次郎鮎沢信太郎内田寛一小笠原義勝木内信蔵佐藤弘奈佐忠行西川治橋本福松松尾俊郎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone