コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤懸静也 ふじかけ しずや

3件 の用語解説(藤懸静也の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

藤懸静也

美術史学者。明治14年(1881)茨城県生。号は獅埼庵。東大院卒。女子美術学校講師、国学院大学教授・帝室博物館学芸委員等を務めた後、文部省国宝鑑査官、国宝保存会幹事・同委員を経て東大教授に任じられる。退官後欧米を巡歴。また文学博士の学位を受けた。浮世絵版画を歴史的に系統づけた功績は大きい。著書多数。『国華』主宰。東京国立博物館評議員。明大教授。東京に住した。昭和33年(1958)歿、77才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤懸静也 ふじかけ-しずや

1881-1958 大正-昭和時代の美術史家。
明治14年2月25日生まれ。美術雑誌「国華(こつか)」編集部員,国学院大教授などをへて昭和9年東京帝大教授。戦後は国華社主幹,文化財専門審議会会長などをつとめた。浮世絵研究で知られ,「浮世絵版画史」などの著書がある。昭和33年8月5日死去。77歳。茨城県出身。東京帝大卒。号は獅埼庵,獅子庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤懸静也
ふじかけしずや
(1881―1958)

美術史家。文学博士。茨城県古河(こが)に生まれる。1910年(明治43)東京帝国大学を卒業後、滝精一(せいいち)の美術史研究室を経て美術雑誌『国華』の編集部に勤めた。34年(昭和9)より41年まで東京帝国大学教授として美術史を講義し、45年には滝の後任として国華社の主幹となる。第二次世界大戦後、文化財専門審議会が設置されると専門委員となり、のちに会長となって美術行政に尽くした。浮世絵を近代的な美術史学の観点から体系的に整理し、日本美術史のなかに位置づけた最初の学者であり、今日の浮世絵研究の基礎を固めた功績は多大である。主著に『浮世絵の研究』全三巻(1943・雄山閣)がある。[玉蟲玲子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

藤懸静也の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクールホープムラヴィヨーフ選択変成作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone