コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝精一 タキセイイチ

デジタル大辞泉の解説

たき‐せいいち【滝精一】

[1873~1945]美術史家。東京の生まれ。号、拙庵。和亭の子。日本美術史学の育成尽力。また、美術雑誌「国華」の主幹を務めた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

滝精一【たきせいいち】

美術史学者。号は拙庵,節庵。日本画家滝和亭〔1832-1901〕の長男として東京に生まれる。東大で東洋美術を専攻,東京美術学校,京大,東大で美術史を講じ,美術史学の育成に尽力。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝精一 たき-せいいち

1873-1945 明治-昭和時代前期の美術史学者。
明治6年12月23日生まれ。和亭(かてい)の長男。母校東京帝大の教授となり日本美術史,東洋美術史をおしえ,また東方文化学院理事長・院長をつとめた。美術雑誌「国華」編集にたずさわるとともに,古美術保存事業に尽力した。学士院会員。昭和15年朝日文化賞。昭和20年5月17日死去。73歳。東京出身。号は拙庵。著作に「文人画概論」「滝拙庵美術論集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たきせいいち【滝精一】

1873‐1945(明治6‐昭和20)
美術史学者。号は拙庵,節庵。日本画家滝和亭(かてい)(1832‐1901)の長男として東京に生まれる。東京帝国大学哲学科卒。東京美術学校講師などをへて,1913年より34年まで東京帝国大学文学部教授として,東洋,日本美術史学を講じた。1901年以来,美術雑誌《国華》を主宰,また文部省の委員として古社寺,古美術の保存,指定にも尽力した。著書に《文人画概論》《Japanese Fine Art》《滝拙庵美術論集・日本篇》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たきせいいち【滝精一】

1873~1945) 美術史家。東京生まれ。号、拙庵。日本画家滝和亭かていの長男。東大教授。東洋美術の啓蒙と研究に貢献した美術雑誌「国華」の編集などを通し、日本美術史学の育成と発展に寄与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝精一
たきせいいち
(1873―1945)

美術史学者。文学博士。明治の日本画家滝和亭(かてい)(1832―1901)の長男として東京に生まれる。号は拙庵(せつあん)、節庵。東京帝国大学を卒業後、同校のほか東京美術学校、京都帝国大学で日本美術史および東洋美術史を講じ、近代科学としての美術史学の基礎を確立した。また美術雑誌『国華(こっか)』の編集に長年携わり、多くの論文や解説を発表して東洋美術の紹介に努力する一方、古美術の調査保存事業にも尽力した。1940年(昭和15)朝日文化賞を受賞。主著に『滝拙庵美術論集日本篇(へん)』(1943)、『文人画概論』(1922)などがある。[玉蟲玲子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

滝精一の関連キーワード沢村 専太郎藤懸静也矢野吉重啓蒙

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android