コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤木九三 フジキクゾウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤木九三 ふじき-くぞう

1887-1970 大正-昭和時代の登山家,新聞記者。
明治20年9月30日生まれ。大正4年東京朝日新聞社にはいる。岩登りを研究・実践し,13年RCC(ロック-クライミング-クラブ)を結成,翌年北穂高滝谷の初登攀(とうはん)に成功。昭和9年京都帝大白頭山遠征に報道員として参加した。昭和45年12月11日死去。83歳。京都出身。早大中退。著作に「雪・岩・アルプス」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじきくぞう【藤木九三】

1887~1970) 登山家。京都府生まれ。早大中退。ロック-クライミング-クラブ( RCC )を設立。著「屋上登攀考」「雪・岩・アルプス」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藤木九三の関連キーワードロック・クライミング昭和時代京都府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android