コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山男 ヤマオトコ

デジタル大辞泉の解説

やま‐おとこ〔‐をとこ〕【山男】

深山に住んでいるといわれる男の妖怪。大男であったり、小童であったり、また、一つ目、1本足などの怪物であったりする。
山に住み、猟師やきこりなどをして生活している男。
の好きな。長年登山をしている男。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山男【やまおとこ】

山人(やまひと)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

山男

日本各地に伝承のある妖怪山中に住む大男で、妖怪画などでは毛深い半裸の姿で描かれることもある。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまおとこ【山男】

山に棲息すると見立てられている大男,あるいは妖怪。山父(やまちち),山童(やまわろ),山大人(やまおおひと),山丈(やまたけ)ともいう。大力蓬髪赤ら顔,猿のような化物などというほか,片手片足,一つ目,あるいは足が不自由,片目がきわめて小さいとも伝えられる。里暮しの人々にとって,山は異郷の一種であった。疫病による死者が成仏できずに,山男に化したとも説かれる。山中で仕事をしているところに山男が現れて,人の考えていることを次々といい当てるという昔話がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やまおとこ【山男】

山に住んでいる男。山で働く男。
登山の好きな男。登山歴のある男。
山奥に住んでいると伝えられる怪物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

山男の関連キーワード静岡県牧之原市男神フィッツパトリック注文の多い料理店馬場 のぼる横尾 泥海男エゾハリタケ藤木 九三アルジュナ畦地梅太郎カーソンバーラビ若林幸樹金茶寮清水宏神隠し見世物ごつい山奥深山山姥

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山男の関連情報