コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山男 ヤマオトコ

デジタル大辞泉の解説

やま‐おとこ〔‐をとこ〕【山男】

深山に住んでいるといわれる男の妖怪。大男であったり、小童であったり、また、一つ目、1本足などの怪物であったりする。
山に住み、猟師やきこりなどをして生活している男。
の好きな。長年登山をしている男。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やまおとこ【山男】

山に棲息すると見立てられている大男,あるいは妖怪。山父(やまちち),山童(やまわろ),山大人(やまおおひと),山丈(やまたけ)ともいう。大力蓬髪赤ら顔,猿のような化物などというほか,片手片足,一つ目,あるいは足が不自由,片目がきわめて小さいとも伝えられる。里暮しの人々にとって,山は異郷の一種であった。疫病による死者が成仏できずに,山男に化したとも説かれる。山中で仕事をしているところに山男が現れて,人の考えていることを次々といい当てるという昔話がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やまおとこ【山男】

山に住んでいる男。山で働く男。
登山の好きな男。登山歴のある男。
山奥に住んでいると伝えられる怪物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山男の関連情報