藤林 敬三(読み)フジバヤシ ケイゾウ

20世紀日本人名事典「藤林 敬三」の解説

藤林 敬三
フジバヤシ ケイゾウ

昭和期の経済学者 中労委会長;慶応義塾大学教授。



生年
明治33(1900)年11月8日

没年
昭和37(1962)年9月15日

出生地
大阪府大阪市

学歴〔年〕
慶応義塾大学経済学部〔大正15年〕

経歴
慶大助手となり、昭和4〜7年ドイツ、フランスに留学。恐慌下のヨーロッパで労働問題への関心を高め、帰国後「経済心理学」を担当して労働科学の研究に取り組む。主著「労働政策と労働科学」により、戦前までの労務管理論を越え、労働者の人間性を重視する労働科学の立ち場を打ち出した。労務管理の改善、団体交渉制の確立、社会保障の整備などによって、労働問題を資本主義社会の枠内で解決できるとする立場に立って、労働三法の原案審議に参画、戦後改革期の労働立法過程で重要な役割を果たした。35年に中労委会長として、三井三池の大争議を藤林斡旋案によって調停したことで知られる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「藤林 敬三」の解説

藤林 敬三 (ふじばやし けいぞう)

生年月日:1900年11月8日
昭和時代の経済学者。中労委会長;慶應義塾大学教授
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android