コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働科学 ろうどうかがくscience of labour

4件 の用語解説(労働科学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働科学
ろうどうかがく
science of labour

資本主義的経済構造および生産関係のもとに成立する労働過程の法則を研究する科学。主として生理学,衛生学および心理学的方法論に基づいて,(1) 労働力,(2) 労働環境,(3) 労働組織,(4) 労働方法,(5) 労働条件を研究するものであるが,F.ギーゼのように,さらにその範囲を広めて生産科学,労働教育学,経済学,労働法,哲学まで含める場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうどう‐かがく〔ラウドウクワガク〕【労働科学】

労働を、生理学・心理学・衛生学・病理学など自然科学的方法によって研究する学問。労働の質の向上や労働者の生活の福祉に寄与することを目的とする。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうかがく【労働科学】

労働者の労働と生活をめぐる諸問題を取り上げて調査研究を行い,労働生活の質(労働の質)の向上および労働者の健康と福祉の増進に寄与するための具体的方策について考究する応用科学である。そこで取り上げられる問題は労働力,労働過程と労働力再生産のすべてを含むが,そのなかで労働者の健康と福祉に望ましくない条件,とくに過労やそれに起因する健康障害,職業病労働災害の原因となり,あるいはそれらを誘発しやすい労働条件,労働環境の各要素について実証的研究を行い,その予防対策を考究する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

労働科学の関連情報