コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢周 フジサワシュウ

2件 の用語解説(藤沢周の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじさわ‐しゅう〔ふぢさはシウ〕【藤沢周】

[1959~ ]小説家。新潟の生まれ。書評紙「図書新聞」の編集のかたわら執筆活動を行い、現代の暴力を描く。作家専業となったのち「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞受賞。他に「外回り」「箱崎ジャンクション」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢周 ふじさわ-しゅう

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年1月10日生まれ。書評紙「図書新聞」の編集者をつとめるかたわら執筆し,平成5年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。「外回り」「サイゴンピックアップ」など,現代の暴力をかいた作品で注目される。8年作家専業となり,10年青年と老女との心の交流をえがいた「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞をうけた。16年母校法政大の教授。新潟県出身。著作はほかに「紫の領分」「箱崎ジャンクション」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤沢周の関連キーワード赤江瀑重兼芳子多岐川恭橘外男中沢けい平岩弓枝三田誠広滝口康彦横関大今村夏子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤沢周の関連情報