藤沢周(読み)フジサワシュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢周 ふじさわ-しゅう

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年1月10日生まれ。書評紙「図書新聞」の編集者をつとめるかたわら執筆し,平成5年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。「外回り」「サイゴン・ピックアップ」など,現代の暴力をかいた作品で注目される。8年作家専業となり,10年青年と老女との心の交流をえがいた「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞をうけた。16年母校法政大の教授。新潟県出身。著作はほかに「紫の領分」「箱崎ジャンクション」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤沢周の関連情報