コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢周 フジサワシュウ

2件 の用語解説(藤沢周の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじさわ‐しゅう〔ふぢさはシウ〕【藤沢周】

[1959~ ]小説家。新潟の生まれ。書評紙「図書新聞」の編集のかたわら執筆活動を行い、現代の暴力を描く。作家専業となったのち「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞受賞。他に「外回り」「箱崎ジャンクション」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢周 ふじさわ-しゅう

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年1月10日生まれ。書評紙「図書新聞」の編集者をつとめるかたわら執筆し,平成5年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。「外回り」「サイゴンピックアップ」など,現代の暴力をかいた作品で注目される。8年作家専業となり,10年青年と老女との心の交流をえがいた「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞をうけた。16年母校法政大の教授。新潟県出身。著作はほかに「紫の領分」「箱崎ジャンクション」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤沢周の関連キーワードチベット問題ルナ恐怖映画フィルムは生きている安保闘争VIVO薄桜記人間の壁フランキー堺ライト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤沢周の関連情報