コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤沢周 フジサワシュウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤沢周 ふじさわ-しゅう

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年1月10日生まれ。書評紙「図書新聞」の編集者をつとめるかたわら執筆し,平成5年「ゾーンを左に曲がれ」でデビュー。「外回り」「サイゴン・ピックアップ」など,現代の暴力をかいた作品で注目される。8年作家専業となり,10年青年と老女との心の交流をえがいた「ブエノスアイレス午前零時」で芥川賞をうけた。16年母校法政大の教授。新潟県出身。著作はほかに「紫の領分」「箱崎ジャンクション」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤沢周の関連キーワード漆黒の霧の中で/彫師伊之助捕物覚えささやく河/彫師伊之助捕物覚え消えた女/彫師伊之助捕物覚え出合茶屋/神谷玄次郎捕物控よろずや平四郎活人剣三屋清左衛門残日録喜多川歌麿女絵草紙本所しぐれ町物語漆の実のみのる国潮田伝五郎置文麦屋町昼下がり秘太刀馬の骨日暮れ竹河岸長門守の陰謀橋ものがたり天保悪党伝暁のひかり闇の傀儡師無用の隠密時雨のあと

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤沢周の関連情報