外回り(読み)ソトマワリ

デジタル大辞泉の解説

そと‐まわり〔‐まはり〕【外回り】

家・屋敷・城などの外側の周囲。「家の外回りを掃除する」
会社などで、外に出て取引先などを回って歩くこと。また、その人。外勤。
外側を回ること。特に、電車・バスなどの環状線で外側を走る路線。⇔内回り
[補説]書名別項。→外回り

そとまわり【外回り】[書名]

藤沢周短編小説平成7年(1995)、雑誌「群像」に掲載。第113回芥川賞候補作となる。平成8年(1996)刊行の小説集「ソロ」に収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そとまわり【外回り】

( 名 ) スル
家などの周囲。また、外側。 「 -を片付ける」
円・円弧などの外側の周囲。器物の厚みの外側。 ⇔ 内回り
環状線の電車で、外側の線路を回ること。また、その電車。
会社などで、販売や外部との交渉などで事務所の外に出てすること。また、そうしてする仕事。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外回りの関連情報