コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外回り ソトマワリ

デジタル大辞泉の解説

そと‐まわり〔‐まはり〕【外回り】

家・屋敷・城などの外側の周囲。「家の外回りを掃除する」
会社などで、外に出て取引先などを回って歩くこと。また、その人。外勤。
外側を回ること。特に、電車・バスなどの環状線で外側を走る路線。⇔内回り
[補説]書名別項。→外回り

そとまわり【外回り】[書名]

藤沢周短編小説平成7年(1995)、雑誌「群像」に掲載。第113回芥川賞候補作となる。平成8年(1996)刊行の小説集「ソロ」に収録。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そとまわり【外回り】

( 名 ) スル
家などの周囲。また、外側。 「 -を片付ける」
円・円弧などの外側の周囲。器物の厚みの外側。 ↔ 内回り
環状線の電車で、外側の線路を回ること。また、その電車。
会社などで、販売や外部との交渉などで事務所の外に出てすること。また、そうしてする仕事。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

外回りの関連キーワード保険商品の銀行窓販みなし労働時間制エリザベス女王杯クランプトンエクステリアリフォーム日本の民家ピルエット外勤・内勤ベランダ悪徳商法FDDI有馬記念探訪者阿里耶家族建具住宅和裁雨戸

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外回りの関連情報