藤田 高之(読み)フジタ タカユキ

20世紀日本人名事典の解説

藤田 高之
フジタ タカユキ

江戸時代末期〜大正期の司法官,代議士 衆院議員(立憲改進党);東京上等裁判所検事。



生年
弘化4年7月18日(1847年)

没年
大正10(1921)年5月28日

出生地
安芸国広島(広島県)

別名
通称=次郎,号=九樹

経歴
文久3年藩の句読師となり、慶応3年神機隊隊長。明治元年戊辰戦争で備中鎮圧に従い、軍監として武蔵に派遣され、さらに奥羽転戦。7年司法省に出任、司法少丞となり、13年東京上等裁判所検事。15年立憲改進党創立に参加。その後広島県から衆院議員に当選した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

藤田 高之
フジタ タカユキ


肩書
衆院議員(立憲改進党),東京上等裁判所検事

別名
通称=次郎 号=九樹

生年月日
弘化4年7月18日(1847年)

出生地
安芸国広島(広島県)

経歴
文久3年藩の句読師となり、慶応3年神機隊隊長。明治元年戊辰戦争で備中鎮圧に従い、軍監として武蔵に派遣され、さらに奥羽に転戦。7年司法省に出任、司法少丞となり、13年東京上等裁判所検事。15年立憲改進党創立に参加。その後広島県から衆院議員に当選した。

没年月日
大正10年5月28日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android