藤舎芦船(1世)(読み)とうしゃろせん[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤舎芦船(1世)
とうしゃろせん[いっせい]

[生]1830
[没]1889
長唄囃子方,東流二弦琴 (あずまりゅうにげんきん) 演奏者。もと観世流太鼓方。のち1世福原百之助 (5世望月太左衛門) の門弟となり,長唄囃子方となった。明治初年,望月太意次郎から藤舎芦船と改めた。能楽に精通し,2世杵屋勝三郎の『船弁慶』『安達原』の作曲に有力な助言を与えたといわれる。また,八雲琴を学び,楽器の改良,作曲にも力を尽し,晩年には東流二弦琴の家元となった。その東流二弦琴としての名儀は,女性の相承者の間に伝えられている。長唄囃子方としては,7世望月太左衛門の女婿太意次郎 (1909~77) が,1952年3月に藤舎家を再興し,藤舎呂船と名のり,小鼓の名手としてのみならず,創作邦楽においても活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android