コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八雲琴 やくもごと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八雲琴
やくもごと

日本の弦楽器江戸時代後期中山琴主 (ことぬし) が創案した二弦琴で,別名「出雲琴」「玉琴」ともいう。スサノオノミコトの「八雲たつ…」の歌に合わせて弾いたところからこの名がつけられた。のち,歌舞伎囃子方の藤舎芦船 (とうしゃろせん) はこの八雲琴を改良して東流二弦琴 (あずまりゅうにげんきん) を創案した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やくも‐ごと【八雲琴】

二弦琴の一種。長さ約1メートル、幅約12センチの木製の胴の上に、2本の弦を張った琴。左手中指にはめた管で弦の勘所を押さえ、右手食指にはめた爪で弾く。文政3年(1820)に伊予の中山琴主が創始したものという。出雲琴。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

八雲琴【やくもごと】

二弦琴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やくもごと【八雲琴】

二弦琴の一種。一九世紀初めに中山琴主が出雲大社などでの献奏用として考案し、作曲したのが起こり。のち明治初年の東京で東竜あずまりゆう二弦琴が派生した。出雲琴。 → 二弦琴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八雲琴
やくもごと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八雲琴の言及

【二弦琴】より

…ただし,2弦はすべて同律に調弦されるので,複弦の一弦琴とみなすこともできる。八雲琴(やくもごと),竹琴(ちつきん),東流(あずまりゆう)二弦琴があり,大正琴(たいしようごと)もそれらの改良楽器である。二弦琴に1弦を加えて3弦としたものに,大和琴(やまとごと)または初瀬琴と称するものや,田村竹琴創案の竹琴などがあったが,伝承は絶えている。…

※「八雲琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八雲琴の関連情報