コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤野可織 ふじの かおり

3件 の用語解説(藤野可織の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

藤野可織

日本の小説家。1980年2月14日、京都府生まれ。同志社大大学院の修士課程修了後、2006年に「いやしい鳥」で文藝春秋主催の文學界新人賞を受賞してデビュー。13年、『新潮』4月号に掲載された「爪と目」で芥川賞を受賞した。受賞作は、実母の死を機に同居するようになった父の恋人の複雑な心境を、3歳の娘の視点から二人称を駆使して描いた小説。芥川賞は09年の「いけにえ」に続く2度目の候補での受賞となった。

(2013-7-19)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふじの‐かおり〔ふぢの‐〕【藤野可織】

[1980~ ]小説家。京都の生まれ。平成18年(2006)「いやしい鳥」で文学界新人賞を受賞し作家デビュー。「爪と目」で芥川賞受賞。他に「パトロネ」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤野可織 ふじの-かおり

1980- 平成時代の小説家。
昭和55年2月14日生まれ。平成18年「いやしい鳥」で文学界新人賞。21年「いけにえ」が芥川賞候補,24年「パトロネ」が野間文芸新人賞候補となる。25年同居した父の愛人の行動,心情を,3歳になる少女の目をとおして描いた二人称小説「爪と目」で芥川賞を受賞。京都府出身。同志社大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤野可織の関連キーワード岡田三郎立原正秋ゴンクール桜田常久飯干晃一榊山潤添田さつき椿実寺崎浩土方鉄

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤野可織の関連情報