コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤雅三 ふじ まさぞう

2件 の用語解説(藤雅三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤雅三 ふじ-まさぞう

1853-1916 明治時代の洋画家。
嘉永(かえい)6年3月15日生まれ。帆足杏雨(ほあし-きょうう)に文人画をまなんだのち,工部美術学校に入学。明治18年工部省留学生としてフランスへわたり,ラファエル=コランに師事。セーブルの製陶所で研究後,アメリカで陶器工場の図案主任となり大正5年12月同地で死去。64歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤雅三

没年:1916.12(1916.12)
生年:嘉永6(1853)
明治大正期の洋画家。豊後国(大分県)臼杵生まれ。帆足杏雨に南画を学んだのち上京,明治9(1876)年工部美術学校に入学し,フォンタネージ,サン・ジョヴァンニに指導を受けた。14年第2回内国勧業博覧会コンテ画を出品,またこのころ,久米桂一郎らに擦筆画を教えた。18年工部省留学生として渡仏,パリでラファエル・コランに師事し,黒田清輝を知る。20年パリのサロンに入選。その後,セーヴルの製陶所に勤め,さらにアメリカへ渡り陶器製造会社の図案を手がけたりした。油彩画に「フランス風景」がある。アメリカで没。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤雅三の関連キーワード江藤哲片多徳郎箕浦勝人臼杵大分安藤黄楊三稲葉知通可児孝次郎三好成吉田ふじを

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone