藪下泰司(読み)やぶした たいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「藪下泰司」の解説

藪下泰司 やぶした-たいじ

1903-1986 昭和時代後期のアニメーション作家。
明治36年2月1日生まれ。日本動画にはいり,昭和31年吸収合併されて成立した東映動画の取締役兼製作部長となる。日本初のカラー長編アニメ「白蛇伝」を演出。「西遊記」では手塚治虫(おさむ)らを指導した。昭和61年7月15日死去。83歳。大阪出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は泰次。作品に「漫画誕生」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の藪下泰司の言及

【アニメーション映画】より

… 戦後は,次の三つの事件を経て日本のアニメーションは大きく転換した。(1)藪下泰司の《白蛇伝》(1958)を最初とする〈東映動画〉による長編漫画がコンスタントに(年1回,夏休み用に)製作され,上映され始めたこと。(2)60年,久里洋二,柳原良平,真鍋博が〈三人のアニメーションの会〉を設立して,積極的な実験アニメの製作に乗り出したこと。…

※「藪下泰司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android