コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆名盛詮 あしな もりあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆名盛詮 あしな-もりあきら

1431-1466 室町時代の武将。
永享3年生まれ。わかくして陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)黒川城主となったため,家臣間の内紛をしずめるのに白河城主結城直朝(ゆうき-なおとも)の力をかりた。長禄(ちょうろく)3年伊達持宗(もちむね)とたたかったが敗北。また室町幕府より古河公方(くぼう)足利成氏(しげうじ)追討命令をうけたが出兵したか否かは不明。文正(ぶんしょう)元年3月14日死去。36歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蘆名盛詮の関連キーワード結城直朝(2)室町時代蘆名盛高

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android