コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆名盛高 あしな もりたか

1件 の用語解説(蘆名盛高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆名盛高 あしな-もりたか

?-1518* 室町-戦国時代の武将。
蘆名盛詮(もりあきら)の子。父の跡をつぎ陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)黒川城主となる。文明11年高田城主渋川氏をほろぼし,以後会津の国人領主らとの内戦をつづけた。永正(えいしょう)2年家臣間の対立から子の盛滋(もりしげ)とたたかったが,のち和解した。永正14年12月8日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蘆名盛高の関連キーワード景徐周麟前橋空襲閑吟集ティントレット伝習録ポッパ山春夢草閑吟集クラーゲンフルト宇喜多能家

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone