コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆名盛高(読み)あしな もりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆名盛高 あしな-もりたか

?-1518* 室町-戦国時代の武将。
蘆名盛詮(もりあきら)の子。父の跡をつぎ陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)黒川城主となる。文明11年高田城主渋川氏をほろぼし,以後会津の国人領主らとの内戦をつづけた。永正(えいしょう)2年家臣間の対立から子の盛滋(もりしげ)とたたかったが,のち和解した。永正14年12月8日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる