コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苔植物 コケショクブツ

2件 の用語解説(苔植物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こけ‐しょくぶつ【×苔植物】

植物界の一群。スギゴケなどの蘚(せん)類ゼニゴケなどの苔(たい)類ツノゴケ類の三つに大別される。世界に約2万5000種、日本に約2000種が知られる。ゼニゴケのように葉状体のものと、スギゴケのように葉と茎の分化のみられるものとがある。高さ5ミリくらいのものが大部分で、特別な通導組織はなく、世代交代をし、胞子体配偶体に付着して生活をする。蘚苔植物

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こけしょくぶつ【苔植物】

シダ植物と並べられる植物界の一門。蘚苔せんたいまたは苔蘚植物ともいう。世界に約25000種が知られ、日本には約2400種が分布。体制はシダ植物よりも原始的、胞子をつける器官は蒴さくまたは子囊しのうとその柄で、シダ植物の根・茎・葉に相同すると考えられる。明瞭な世代交代を行う。蘚類と苔たい類とツノゴケ類とに大別され、蘚類にはスギゴケ・ミズゴケなどが、苔類にはゼニゴケ・ジャゴケなどが含まれる。 → 蘚類たい類 ・ ツノゴケ類

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone