虎に翼(読み)とらにつばさ

精選版 日本国語大辞典 「虎に翼」の意味・読み・例文・類語

とら【虎】 に=翼(つばさ)[=羽(はね)

ただでさえ威力の備わっているものがさらに威力を加えること。鬼に金棒。虎に角。
書紀(720)天武即位前(北野本訓)「壬午に、吉野宮に入りたまふ。〈略〉或の曰はく、虎に翼を著(つ)けて放てりといふ」 〔韓非子難勢

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「虎に翼」の意味・読み・例文・類語

とらつばさ

《「韓非子」難勢から》ただでさえ強い力をもつ者にさらに強い力が加わることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android