コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎倉又兵衛 こぐら またべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎倉又兵衛 こぐら-またべえ

1580-? 江戸時代前期の文筆家。
天正(てんしょう)8年生まれ。備前(岡山県)虎倉村の人。寛文元年(1661)82歳のとき「虎倉物語」をあらわした。天正のころの虎倉城主伊賀(いが)氏の事績が中心で,宇喜多氏との関係や毛利氏との合戦をしるす。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎倉又兵衛の関連キーワードアビス朝一向一揆アク・ナザル・ハンアビス朝石山戦争加賀一向一揆アビス朝鳥取(市)ポルタ(Giacomo della Porta)モンゴル(国)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone