コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎岩八弥 とらいわ はちや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎岩八弥 とらいわ-はちや

1670-1747 江戸時代前期-中期の書家。
寛文10年生まれ。虎岩道説(どうせつ)の子とも,親族の子ともいう。陸奥(むつ)仙台の人。青蓮院(しょうれんいん)流の書風を修得して一派をなし,八弥流と称した。のち仙台藩主伊達吉村の右筆(ゆうひつ)となった。延享4年7月18日死去。78歳。名は頼景。号は黄潭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

虎岩八弥の関連キーワード書家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android