コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎林寅吉 とらばやし とらきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎林寅吉 とらばやし-とらきち

1854-1907 明治時代の力士。
安政元年生まれ。八百屋をしていたが,大阪相撲の四ツ車(のちの朝日山四郎右衛門)の弟子となり,のち藤島の預かり弟子となる。明治22年ごろ東の大関となり,7年間その地位にとどまった。42歳で引退,頭取となり検査役もかねた。明治40年11月15日死去。54歳。本名は岸田寅吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎林寅吉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android