虚屋性宙(読み)こおく しょうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚屋性宙 こおく-しょうちゅう

?-1560 戦国時代の僧。
生地播磨(はりま)(兵庫県)の円教寺天台をまなび,のち曹洞(そうとう)宗に転じる。丹波氷上郡(兵庫県)円通寺牧翁性欽(しょうきん)の法をつぎ,性欽の没後に同寺住持となった。永禄(えいろく)3年4月29日死去。俗姓は赤松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android