コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虚屋性宙 こおく しょうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虚屋性宙 こおく-しょうちゅう

?-1560 戦国時代の僧。
生地播磨(はりま)(兵庫県)の円教寺天台をまなび,のち曹洞(そうとう)宗に転じる。丹波氷上郡(兵庫県)円通寺牧翁性欽(しょうきん)の法をつぎ,性欽の没後に同寺住持となった。永禄(えいろく)3年4月29日死去。俗姓は赤松。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虚屋性宙の関連キーワード戦国時代竹馬光篤

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android