コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚊やり かやり

世界大百科事典 第2版の解説

かやり【蚊やり】

夏季,カやブユを追い払うため煙でいぶすこと。この方法は各地で行われ,日本では《万葉集》にその名が見られる蚊いぶし蚊くすべ蚊やり火,蚊火(かび)などとも呼ばれ,一般に木片をいろりや火桶でたいたり,ヨモギなどをいぶして,大型のうちわであおいだりした。江戸時代には,おがくずに硫黄の粉をまぜたものも使われた。このころには蚊帳も一般に普及していたが,庶民にとっては高価なもので,もっぱら紙帳(しちよう)や蚊やりを用いていたといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の蚊やりの言及

【ベニバナ(紅花)】より

…材料としては,黄色色素を十分除き圧搾した紅餅を用いた。紅はまた,化粧料としての口紅や食紅,布や紙の染料にも用いられたほか,紅色素には駆虫性があるため,絞りかすを乾燥して夏の蚊やりに用いられた。臙脂(えんじ)【新井 清】
[日本における生産,流通史]
 植物染料として江戸期に最も発達し,藍,麻と並び三草の一つに数えられた。…

※「蚊やり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蚊やりの関連情報