コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚕箔 さんぱく

2件 の用語解説(蚕箔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蚕箔
さんぱく

蚕を飼育する籠あるいは箱。その上に蚕莚か蚕座紙を敷いて蚕座をつくる。木,竹,プラスチックなどを材料とし,形は長方形,円形,方形などがあるが,長方形のものが最も普及している。長方形蚕箔は割り竹か丸篠で亀甲状に組んだものが多く,長さ 1.05m,幅 0.75mのものが普通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐ぱく【蚕×箔】

蚕を飼育する容器。金属・木・竹・わらなどで長方形または円形に作ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蚕箔の関連キーワード犬飼羊飼い牧羊牧養蚕架薫物の籠養鶉通常飼育動物バタリー方式永井いと

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone