蛇目(読み)じゃのめ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ヘビの目。また、そのようないじわるな目つき。冷酷そうな目つき。じっと見すえるような鋭い目つき。
※俳諧・詞林金玉集(1679)八「蛇の目かと見るや蛍のひだか河〈正泰〉」
② ヘビの目のように、太い輪のかたちをした図形。蛇の目輪。
(イ) 紋所の名。蛇の目、三つ剣蛇の目、九曜蛇の目、捻蛇の目、三つ蛇の目などがある。
※俳諧・続山の井(1667)秋上「雲の袖の蛇の目の紋か月の笠〈心計〉」
(ロ) 一般的に模様についていう。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第二六「雰の海蛇の目の舟を漕(こぎ)よせて 只見て遊山酒すきの友」
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉写生帖「水の面にぽつりと一つ雨点の落ちて蛇(ジャ)の目(メ)を画くと思へば」
(ハ) 旧海軍士官の袖につけた印。
※談義本・教訓不弁舌(1754)四「お身の傘(からかさ)を見やれ。蛇(シャ)の目とやらんいふて」
※童謡・あめふり(1925)〈北原白秋〉「あめあめふれふれ、かあさんが、じゃのめでおむかひ、うれしいな」
※雑俳・柳多留‐六四(1813)「きつい事蛇の目の出はに加藤ふし」
⑥ 建築で、輪形の金具をいう。たとえば肘壺(ひじつぼ)の間に摩擦をへらすために挿入する輪など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛇目の関連情報