蛎浦島(読み)かきのうらしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛎浦島
かきのうらしま

長崎県中部,西彼杵半島の北西方にある島。西海市に属する。西岸の蛎浦は江戸時代後期,捕鯨の基地が置かれ,また西海航路の風待ち,潮待ち港として栄えた。北東の大島との間には中戸大橋,南西の崎戸島との間には本郷大橋がかけられている。面積 4.80km2。人口 1538 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

蛎浦島

長崎県西海市、中戸瀬戸を挟んで大島の南西に位置する島。“蛎浦”は「かきのうら」と読む。大島とは中戸大橋で結ばれている。面積約4.83平方キロメートル。江戸時代には西海捕鯨の基地。明治時代に石炭が発見され、以後昭和40年代まで炭鉱の島として栄えた。閉山後は漁業、製塩業などが行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android