コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西彼杵半島 にしそのぎはんとう

7件 の用語解説(西彼杵半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西彼杵半島
にしそのぎはんとう

長崎県西部,角力灘(五島灘の一部)と大村湾の間にある半島。北は佐世保湾に面する。北部は北松溶岩台地に属するが,大部分は標高 500m前後のゆるやかな起伏の古第三紀の山地。開発は遅れ,サツマイモの栽培が主であったが,第2次世界大戦後開拓者が多く入植し,山頂部を縦貫する開拓道路もできた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にしそのぎ‐はんとう〔‐ハンタウ〕【西彼杵半島】

長崎市から北方に突出している半島。東は大村湾、西は角力灘(すもうなだ)に面する。北部に佐世保とを結ぶ西海(さいかい)橋がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西彼杵半島【にしそのぎはんとう】

長崎県西部の半島。東は大村湾,西は五島灘。おもに結晶片岩からなる低い山地で,西部と北部には良質の石炭を埋蔵し,西彼杵炭田を形成。山地の開発はおくれているが,北部はミカンとサツマイモ中心の畑作地帯,大村湾岸では真珠養殖が盛ん。
→関連項目大島[町]大瀬戸[町]蛎ノ浦島琴海[町]五島灘西海[町]崎戸[町]西彼[町]外海[町]時津[町]長崎[県]長崎[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にしそのぎはんとう【西彼杵半島】

長崎県西部,長崎市から北へ突き出した南北約40km,東西約20km(最広部)の半島。東は大村湾,西は五島灘,北は佐世保湾に面し,胴体部をなす西彼(せいひ)山地,東部と北西部の丘陵地,そして北部の溶岩台地に区分できる。西彼山地は黒色の結晶片岩からなる標高400m前後の隆起準平原で,飯盛山(531m),焼山(416m)などは準平原面上の残丘である。北部の玄武岩からなる溶岩台地は標高200m前後で,中央の虚空蔵(こくぞう)山(307m)は台地上に噴出した火山砕屑丘である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にしそのぎはんとう【西彼杵半島】

長崎県中部、大村湾の西側に突出する半島。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕西彼杵半島(にしそのぎはんとう)


長崎県西部の半島。長崎市から北に延び、西は角力灘(すもうなだ)(五島(ごとう)灘とも)、東は大村(おおむら)湾、北は佐世保(させぼ)湾に臨む。北東端の針尾瀬戸(はりおせと)に1955年(昭和30)、西海(さいかい)橋が架橋され、佐世保と長崎を結ぶ重要ルートとなる。半島は西彼杵半島県立自然公園。天然記念物の七釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)が有名。東海岸大村湾県立自然公園となっている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西彼杵半島
にしそのぎはんとう

長崎市北部から佐世保(させぼ)市に向って突出する半島。東は大村湾、西は角力灘(すもうなだ)に面する。長崎市、西海(さいかい)市が立地する。半島の大半は結晶片岩の古生層によって構成され、標高400メートル内外の隆起準平原をなす。北部だけは標高200メートル内外の玄武岩台地である。中央部の準平原面上には、第二次世界大戦後の開拓地が散在し、開拓道路が山頂部を南北に縦貫しており、「県民の森」や「神ノ浦(こうのうら)ダム」「雪ノ浦(ゆきのうら)ダム」の施設を有する。古くからイノシシの生息地で、イノシシの侵入を防ぐ石積みによる「猪垣(いがき)」の遺構があり、現在もイノシシによる、イモ、ムギの被害は絶えない。半島の東岸はリアス式海岸で真珠養殖が盛ん。1955年(昭和30)伊ノ浦(いのうら)瀬戸(針尾瀬戸)に西海橋が完成。また、国道206号が整備され、佐世保や長崎市中心市街地への交通も便利となり、ミカン、スイカなどの換金作物の栽培が進捗(しんちょく)している。半島の西海岸は断層起源の海食崖(がい)が連続しているため道路の開発が遅れたが、現在は国道202号が海岸沿いに通じる。旧大村藩の西域にあたりキリシタン集落も多い。出津(しつ)や黒崎(くろさき)の教会は、付近の自然景観とともに崇高・敬虔(けいけん)な雰囲気を漂わせている。さらに、西方海上の松(まつ)島は旧藩時代の捕鯨基地として知られたが、大正・昭和時代は大(おお)島、崎戸(さきと)島、池島とともに海底炭田の島として繁栄した。現在離島炭田は閉山している。北部の台地は畑作地帯で、中世末の開港場、横瀬(よこぜ)浦がある。[石井泰義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西彼杵半島の言及

【長崎[県]】より

対馬壱岐五島列島などの島嶼が県の総面積の45%を占め,常住者のいる島は80,いない島は490を数える。本土側は北松浦半島肥前半島西彼杵半島長崎半島島原半島が,手の指のごとく分岐する。島嶼部,半島部はいずれも沈水性のリアス式海岸が発達し,湾入が著しい。…

※「西彼杵半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西彼杵半島の関連キーワード長崎県長崎市泉長崎県長崎市出雲長崎県長崎市上野町長崎県長崎市上町長崎県長崎市江戸町長崎県長崎市かき道長崎県長崎市界長崎県長崎市立山長崎県長崎市戸町長崎県長崎市錦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西彼杵半島の関連情報