西彼杵半島(読み)にしそのぎはんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西彼杵半島
にしそのぎはんとう

長崎県西部,角力灘(五島灘一部)と大村湾の間にある半島。北は佐世保湾に面する。北部は北松溶岩台地に属するが,大部分は標高 500m前後のゆるやかな起伏の古第三紀の山地。開発は遅れ,サツマイモの栽培が主であったが,第2次世界大戦後開拓者が多く入植し,山頂部を縦貫する開拓道路もできた。東の湾岸部はリアス海岸で,真珠養殖が行なわれる。北端佐世保市と結ぶ西海橋の開通により,これに続く国道206号線の利用も活発化し,沿道にはバイオパークなどが建設され,観光開発も進んでいる。湾岸の一部は大村湾県立自然公園に,西海岸と高原の一部は西彼杵半島県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

西彼杵半島【にしそのぎはんとう】

長崎県西部の半島。東は大村湾,西は五島灘。おもに結晶片岩からなる低い山地で,西部と北部には良質の石炭を埋蔵し,西彼杵炭田を形成。山地の開発はおくれているが,北部はミカンとサツマイモ中心の畑作地帯,大村湾岸では真珠養殖が盛ん。北東端に西海橋がある。
→関連項目大島[町]大瀬戸[町]蛎ノ浦島琴海[町]五島灘西海[町]崎戸[町]西彼[町]外海[町]時津[町]長崎[県]長崎[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしそのぎはんとう【西彼杵半島】

長崎県西部,長崎市から北へ突き出した南北約40km,東西約20km(最広部)の半島。東は大村湾,西は五島灘,北は佐世保湾に面し,胴体部をなす西彼(せいひ)山地,東部と北西部の丘陵地,そして北部の溶岩台地に区分できる。西彼山地は黒色の結晶片岩からなる標高400m前後の隆起準平原で,飯盛山(531m),焼山(416m)などは準平原面上の残丘である。北部の玄武岩からなる溶岩台地は標高200m前後で,中央の虚空蔵(こくぞう)山(307m)は台地上に噴出した火山砕屑丘である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしそのぎはんとう【西彼杵半島】

長崎県中部、大村湾の西側に突出する半島。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕西彼杵半島(にしそのぎはんとう)


長崎県西部の半島。長崎市から北に延び、西は角力灘(すもうなだ)(五島(ごとう)灘とも)、東は大村(おおむら)湾、北は佐世保(させぼ)湾に臨む。北東端の針尾瀬戸(はりおせと)に1955年(昭和30)、西海(さいかい)橋が架橋され、佐世保と長崎を結ぶ重要ルートとなる。半島は西彼杵半島県立自然公園。天然記念物の七釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)が有名。東海岸は大村湾県立自然公園となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西彼杵半島
にしそのぎはんとう

長崎市北部から佐世保(させぼ)市に向って突出する半島。東は大村湾、西は角力灘(すもうなだ)に面する。長崎市、西海(さいかい)市が立地する。半島の大半は結晶片岩の古生層によって構成され、標高400メートル内外の隆起準平原をなす。北部だけは標高200メートル内外の玄武岩台地である。中央部の準平原面上には、第二次世界大戦後の開拓地が散在し、開拓道路が山頂部を南北に縦貫しており、「県民の森」や「神ノ浦(こうのうら)ダム」「雪ノ浦(ゆきのうら)ダム」の施設を有する。古くからイノシシの生息地で、イノシシの侵入を防ぐ石積みによる「猪垣(いがき)」の遺構があり、現在もイノシシによる、イモ、ムギの被害は絶えない。半島の東岸はリアス式海岸で真珠養殖が盛ん。1955年(昭和30)伊ノ浦(いのうら)瀬戸(針尾瀬戸)に西海橋が完成。また、国道206号が整備され、佐世保や長崎市中心市街地への交通も便利となり、ミカン、スイカなどの換金作物の栽培が進捗(しんちょく)している。半島の西海岸は断層起源の海食崖(がい)が連続しているため道路の開発が遅れたが、現在は国道202号が海岸沿いに通じる。旧大村藩の西域にあたりキリシタン集落も多い。出津(しつ)や黒崎(くろさき)の教会は、付近の自然景観とともに崇高・敬虔(けいけん)な雰囲気を漂わせている。さらに、西方海上の松(まつ)島は旧藩時代の捕鯨基地として知られたが、大正・昭和時代は大(おお)島、崎戸(さきと)島、池島とともに海底炭田の島として繁栄した。現在離島炭田は閉山している。北部の台地は畑作地帯で、中世末の開港場、横瀬(よこぜ)浦がある。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の西彼杵半島の言及

【長崎[県]】より

対馬壱岐五島列島などの島嶼が県の総面積の45%を占め,常住者のいる島は80,いない島は490を数える。本土側は北松浦半島肥前半島西彼杵半島長崎半島島原半島が,手の指のごとく分岐する。島嶼部,半島部はいずれも沈水性のリアス式海岸が発達し,湾入が著しい。…

※「西彼杵半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android