コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崎戸島 さきとじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崎戸島
さきとじま

長崎県中部,西彼杵半島西方約 10kmに位置する小島。西海市に属する。蛎浦島と本郷大橋で結ばれる。かつて炭鉱で栄えたが,今日では一本釣りの漁業が主。西彼杵半島県立自然公園に属する。面積 0.41km2。人口 165(2005)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崎戸島
さきとじま

長崎県西彼杵(にしそのぎ)半島の西方海上にある島。第三紀層からなる面積0.41平方キロメートルの小島。最高点76メートル。西海(さいかい)市崎戸町に属する。この島の近くで石炭が着目されたが、崎戸炭鉱の開かれたのは北に隣接する蛎ノ浦(かきのうら)島。人口193人(2000)の半農半漁の属島で、北端の本郷(ほんごう)と蛎ノ浦島との間に本郷大橋がある。[石井泰義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

崎戸島の関連キーワード平島(長崎県)西海(市)蛎ノ浦島松島炭田半農半漁五島灘御床島大立島西海

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android