蛸部屋(読み)タコベヤ

デジタル大辞泉の解説

たこ‐べや【×蛸部屋】

第二次大戦前に、北海道・樺太の炭鉱などでみられた労働者の宿舎。過酷な労働を強い、ここに入ると蛸壺(たこつぼ)の蛸のように出られなくなるところからいう。→飯場(はんば)制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たこべや【蛸部屋】

〔蛸壺たこつぼの中のタコのように抜け出られないことから〕
かつての炭鉱や工事現場などに見られた、労働条件のきわめて悪い作業員宿舎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たこ‐べや【蛸部屋】

〘名〙 第二次世界大戦前、北海道や樺太(サハリン)の炭鉱、鉄道工事現場などにみられた飯場制度。また、その飯場をいう。労働者を飯場に監禁同様に収容して、重労働を強制したもの。飯場にはいったら、蛸つぼの蛸のように抜けられないというところからいった。監獄部屋。
※駅前旅館(1956‐57)〈井伏鱒二〉「この味山田という人は、たこ部屋の親方だということでした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛸部屋の関連情報