監獄部屋(読み)カンゴクベヤ

百科事典マイペディアの解説

監獄部屋【かんごくべや】

たこ部屋とも。労働者を集めて一定個所に宿泊させ,脱出,逃亡などを防止するために暴力的監禁状態におき,労働を強制した前近代的労務管理制度。特に資本主義初期に多くみられ,土建労働,鉱山労働などで顕著。不当な中間搾取,きびしい私刑などが行われた。
→関連項目強制労働納屋制度

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんごくべや【監獄部屋】

人身売買的な方法で手にいれた労働者を,特定の居住設備に単身で長期間拘禁して自由を奪い,私生活を含めた全生活管理を行い,囚人労働に等しいやり方で強制労働させ,逃亡には残虐な私刑でむくいる,といった労働者管理のしくみ,またはその居住設備のこと。たこ部屋ともいう。金属鉱山での飯場制度,炭鉱での納屋制度に対して,土建業のものを指す場合と,この3者の総称として批判的価値観を含ませて使う場合とがあるが,総称としては飯場制度の語が一般的である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんごくべや【監獄部屋】

〔入るとなかなか出られないことから〕
土木工事や鉱山採掘などの人夫・鉱夫の飯場をさしていった語。たこ部屋。 → 飯場制度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の監獄部屋の言及

【囚人労働】より

…人道主義的立場からの囚人労働廃止運動が一つの契機であったことは否めないが,より根本的には,囚人労働の利用に代わる新しい技術,労務管理体制の整備がその要因であったと考えられる。また新しく編成された納屋制度(〈飯場制度〉の項参照)や監獄部屋のなかに,囚人労働の特徴であった拘禁性や労働条件の劣悪さなどが引き継がれていった点も見逃してはならないであろう。【佐口 和郎】。…

【飯場制度】より

…ことに労働供給源から遠い作業場等では,かさんだ募集費を取り戻すために1人当りの作業量が自然過大となりがちで,反抗や逃亡に対して暴力ざたが発生することも少なくなかった。飯場に監獄部屋とかたこ部屋等の名称が発生したのはそのためである。ただし,第2次大戦後は労働基準法の施行等もあって,たこ部屋的側面は漸次解消され,また,技術革新のなかで作業監督機能もなくなるなど,飯場制度は現在では大きく変質している。…

※「監獄部屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android